ジョン・キャメロン・ミッチェル「『ショートバス』も愛して!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月5日 > ジョン・キャメロン・ミッチェル「『ショートバス』も愛して!」
メニュー

ジョン・キャメロン・ミッチェル「『ショートバス』も愛して!」

2007年6月5日 12:00

100カ所以上のボカシは監督自ら入れました! (左から)ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、 リー・スックイン「ショートバス」

100カ所以上のボカシは監督自ら入れました!
(左から)ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、
リー・スックイン
[拡大画像]

前作「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で世界中に熱狂的なファンを作り出したジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、昨年のカンヌ国際映画祭で絶賛された新作「ショートバス」を引っ提げて来日。主演のリー・スックインとともに、6月4日、東京・渋谷のエクセルホテル東急にて記者会見に臨んだ。

ジョン・キャメロン・ミッチェル流ニューヨークおとぎ話だという本作のテーマはずばり、セックスと愛。しかし、リアルなセックスシーンが次から次へと登場するため、リーは出演を巡って勤めているカナダのラジオ局をクビになりそうになり、彼女のためにオノ・ヨーコや、ガス・バン・サントら名だたる著名人が嘆願書を提出したというエピソードもあるほど、セックス描写に対してオープンなイメージのある海外でも様々な反応を持って迎えられている。

そんな本作に対して、ミッチェル監督は「常日頃から映画の中でセックスがきちんと描かれていないと思っていた。セックスは人生そのもの。教えてくれることも多い。メタファーとして使うことによって、誰かといることの大切さを感じて欲しかったんだ」と大熱弁をふるい、予定の時間を20分もオーバー。それでも、「『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を受け入れてくれたように、この作品にもチャンスを与えて」と語り、いつまでも名残惜しそうに会場から去ろうとしない監督に、記者団から温かい拍手が送られていた。「ショートバス」は8月下旬ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi