ウィザースプーン、「リトル・ミス」の脚本家と組むコメディ主演へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月1日 > ウィザースプーン、「リトル・ミス」の脚本家と組むコメディ主演へ
メニュー

ウィザースプーン、「リトル・ミス」の脚本家と組むコメディ主演へ

2007年6月1日 12:00

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」でオスカー(主演女優賞)を受賞したリース・ウィザースプーンが、ユニバーサル映画製作の、1939年のロマンティックコメディ「ミッドナイト」のリメイク作に主演することになった。米バラエティ紙が報じたもので、このリメイク案は「リトル・ミス・サンシャイン」でオスカー(脚本賞)を受賞した脚本家マイケル・アーントによるもの。彼が脚本を執筆し、ユニバーサル製作部社長のメアリー・パレントとスコット・ステューバーがプロデューサーを務める。

オリジナル版(ミッチェル・ライゼン監督)の主演はクローデット・コルベール(「或る夜の出来事」)。パリへやって来た金なしの若い女(コルベール)が老紳士(ドリューの祖父ジョン・バリモア)と出会い、彼が打った大芝居で、彼の妻に求愛している若いジゴロの気を逸らすため、偽の男爵夫人に仕立て上げられるという恋愛騒動を描いたもの。ビリー・ワイルダーとチャールズ・ブランケットの黄金コンビによる、軽妙洒脱な脚本の評価が高い古典中の古典だ。

アーントはバラエティ紙に「『ミッドナイト』は長い間、私の大好きだったコメディの1つ。チャンスが与えられれば、リースを主演に思い通りに焼き直して、自分の夢を実現させたい」と決意のほどを語っている。

リース人気に火を点けた「キューティ・ブロンド」は現在ミュージカル化され、ブロードウェイのパレスシアターで上演中(リースの出演はなし)。6月10日発表されるトニー賞で7部門にノミネートされている。リース本人は、08年にラッセ・ハルストレム監督の「Sammy」と「80日間世界一周」のリメイク版、09年に「Our Family Trouble」など製作・主演作が目白押し。アーントの夢が叶うのは09年暮れ頃になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi