「スウィーニー・トッド」からクリストファー・リー出演場面カット : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月29日 > 「スウィーニー・トッド」からクリストファー・リー出演場面カット
メニュー

「スウィーニー・トッド」からクリストファー・リー出演場面カット

2007年5月29日 12:00

ジョニー・デップが主演し、ティム・バートンが監督する現在製作中のミュージカル「スウィーニー・トッド」から、クリストファー・リーの出演場面がカットされることが明らかになった。

リーといえば、ハマー・プロのホラー映画でドラキュラ役を怪演。近年も「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで“白の賢者”サルマンを、「スター・ウォーズ」新3部作でドゥークー伯爵を演じている、御年85歳の大ベテラン俳優。バートン監督のお気に入りの俳優で、「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープスブライド」(声優として)「スリーピー・ホロウ」にも出演している。FilmStew.comによれば、「スウィーニー・トッド」でリーは紳士な幽霊を演じていたが、尺が長くなりすぎたバートン監督は泣く泣くカットせざるを得なくなったのだという。

過去にリーは、ピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」のサルマンとしての出演場面が「スペシャル・エクステンデッド・エディション」のみ残され、他のバージョンから丸々カットされたことがある。

リーは、英デイリー・テレグラフ紙に「もっと多くのシーンに出演していれば、こんなひどいことにならなかっただろう。いずれにせよ、彼ら(バートンら)を訴えることはしないよ」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi