「しゃべれども しゃべれども」の香里奈語る。「国分さんは頼れる人」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月22日 > 「しゃべれども しゃべれども」の香里奈語る。「国分さんは頼れる人」
メニュー

「しゃべれども しゃべれども」の香里奈語る。「国分さんは頼れる人」

2007年5月22日 12:00

「しゃべれども しゃべれども」に 出演した香里奈「しゃべれども しゃべれども」

「しゃべれども しゃべれども」に
出演した香里奈
[拡大画像]

97年度「本の雑誌ベスト10」の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が映画化した「しゃべれども しゃべれども」。本作で、他人に対してうまく話せず、口下手であることに悩み、TOKIOの国分太一扮する二つ目の落語家・今昔亭三つ葉のもとへ話し方を習いに通うミステリアスな美女・十河五月(とかわさつき)を演じた香里奈に話を聞いた。

落語に関しては、TVで「笑点」を観ていた程度で、本作に出演しなければ落語の楽しさを知ることはなかったはずと語る香里奈だが、「最近のお笑いとは違った、古典的で昔ながらの笑いが私には新鮮だったし、平和で和やかになる感じの面白さがあったので、日本らしい風情を感じました」と、すっかりその魅力にハマッたようだ。

また本作は、物語の舞台となる浅草や佃など、古き良き東京下町の風景も魅力の1つ。名古屋出身の香里奈にとっても新しい発見があったそうで、「東京は人口が多くて、高いビルが建っている街だというイメージがあったんですけど、実際に浅草の街に降り立ってみて、『東京にも渋谷や六本木とは違った時間が流れている街があるんだな』と思いました。昔の日本の景色が残っていて、すごくうれしかったですね」と、目を輝かせた。

では、共演の国分の印象はどうだったのだろう。「国分さんは落語の稽古だけでなく踊りの稽古もあったし、きっと私よりももっと難しかったと思うんですが、『本物の噺家さんみたいだなぁ』と思って見てました。また、(柳家)三三師匠が現場にいない時は、落語のことを質問できるのが国分さんしかいなかったのですが、すごく真面目に、親身になって答えて下さったので、とても頼りになりました」

最後は「見終わった後に前向きな気持ちになれる作品なので、ぜひたくさんの方に見てもらえればと思います」と、締めてくれた。5月26日より公開。

しゃべれども しゃべれども 特別版[DVD] しゃべれども しゃべれども 特別版[DVD] 最安価格: ¥3,784 2007年度本屋大賞受賞作家佐藤多佳子が懐かしい情緒溢れる東京の下町を舞台に、不器用な人間たちの成長を優しく爽やかに描いた同名小説の映画化。国分太一出演。
うさぎドロップ[DVD] うさぎドロップ[DVD] 最安価格: ¥1,685 6歳の女の子と独身男が突然、親子に!?一生懸命な二人とたくさんの愛情を描いた、最高にキュートな感動作!香里奈出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi