モーツァルトの「魔笛」を映画化したケネス・ブラナー監督来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月15日 > モーツァルトの「魔笛」を映画化したケネス・ブラナー監督来日
メニュー

モーツァルトの「魔笛」を映画化したケネス・ブラナー監督来日

2007年5月15日 12:00

上機嫌で歌った 「魔笛」ケネス・ブラナー監督「魔笛」

上機嫌で歌った
「魔笛」ケネス・ブラナー監督
[拡大画像]

天才作曲家、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最高傑作との呼び声が高い不朽の名作オペラ「魔笛」を映画化したケネス・ブラナー監督が来日。5月14日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで記者会見が行われた。

モーツァルトの最晩年に作曲された原作の「魔笛」は、豊かな娯楽性と華やかな音楽性を備え、200年にわたり世界中で音楽史上最多の公演数を誇るオペラの金字塔。魔法の笛の音に導かれた兵士ダミーノが、パミーナ王女といくつもの試練を乗り越え愛を手にするという物語だ。数々のシェイクスピア作品で、俳優としてだけでなく映画作家としての評価も高いケネス・ブラナーは、「皆さんもどこかできっと耳にしたことがあるはず」と、劇中でパパゲーノが歌う有名なアリアの一節を口ずさんで会場を和ませた。

もともとオペラがそれほど得意ではなかったというブラナーだが、「世界で最も大衆に受け入れられたオペラを題材に、我々が慣れ親しんでいる“映画”というメディアによって、オペラを身近に感じてもらえると思った。オペラ作品を監督する私も、そして映画というジャンルで演じる俳優たちも、お互いが初めての分野への挑戦だったため、実に謙虚に取り組めたことが作品に良い影響をおよぼした」と作品の出来栄えには満足そうな様子。時代設定を第一次大戦中に変更した理由について、「この『魔笛』では愛が憎しみに打ち勝つ、光が暗闇に打ち勝つ、もっと直接的に言って平和というものが戦争に打ち勝つ」と、戦争への風刺を盛り込んだことも吐露した。「今までオペラに取っ付きにくいと思っていた人は、是非とも、リスクを冒して見に来てほしい」と語り、笑顔で会場を後にした。

魔笛」は7月ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi