米映画協会、ついに喫煙シーンをレイティングの対象に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月11日 > 米映画協会、ついに喫煙シーンをレイティングの対象に!
メニュー

米映画協会、ついに喫煙シーンをレイティングの対象に!

2007年5月11日 12:00

アメリカ映画協会は5月10日、これまで以上にタバコの喫煙シーンが、レイティングを決定づける大きな要素になると発表した。しかし、批評家たちはティーンたちに喫煙の習慣化を思いとどまらせるには、これは十分な手段ではないと反論している。

現在もアメリカ映画協会は、未成年者の喫煙シーンを好ましくないものとして厳しいレイティングの対象にしていたが、これからは大人の喫煙も同様に扱われる。さらに喫煙シーンに、セックス描写や暴力描写、下品な言葉が加われば加わるほど、“PG-13”から“R”“NC-17”とレイティングは厳しくなるという。また過去の映画においては喫煙シーンは当たり前に登場してきたが、これからは物語の文脈上魅力的にタバコを吸う必要があるのかが十二分に吟味される。

ハリウッド映画のタバコが魅惑的に見えるのは、17歳以下の若い人に見せないため“R”にレイティングするから、若者には余計にカッコよく見えると指摘する批評家もいる。04年7月から06年7月へ移り変わる間、“G”“PG”“PG-13”の軽いレイティングが付いた喫煙シーンがある映画は全体の60%から52%へ減少傾向にあるそうだ。それらの映画の4分の3は、今後のレイティングでは“R”のレッテルを貼られる模様だ。

例外もあって、例えば「グッドナイト&グッドラック」(05)のエド・マローのチェーンスモークは、“マネしてみたくなる吸い方”だが、今日のレイティングでは(未成年に悪影響を与える)“PG-13”ではなく、ギリギリ“PG”に踏みとどまるらしい。というのも、物語の舞台が50年代で、時代考証に則った正しい描写であるのがその理由だ。

麗しのサブリナ」(54)では魅力的だった喫煙シーンが、リメイク版「サブリナ」(95)からすっかり消えているように、映画からタバコの描写がなくなっているのも事実。ハンフリー・ボガートやジャン=ポール・ベルモンドのように、カッコよくタバコを吸う映画スターは今後生まれないかもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi