「300」に続き、フランク・ミラーの侍物グラフィックノベル映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月8日 > 「300」に続き、フランク・ミラーの侍物グラフィックノベル映画化
メニュー

「300」に続き、フランク・ミラーの侍物グラフィックノベル映画化

2007年5月8日 12:00

6月9日日本公開「300」「300 スリーハンドレッド」

6月9日日本公開「300」
(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
[拡大画像]

フランク・ミラーのグラフィックノベルを映画化した「300/スリーハンドレッド」(ザック・スナイダー監督、ジェラルド・バトラー主演)が大ヒットしたことを受けて、ワーナー・ブラザース映画がミラーの別のグラフィックノベル「Ronin」の映画化を手がけることが明らかになった。

同作は、13世紀の日本の侍が、21世紀のニューヨークで悪者たちと戦うというストーリーで、かつてダーレン・アロノフスキー監督がニューライン・シネマで映画化準備をしていたことで知られる。プロデュースは「300」のジャンニ・ヌナリで、監督は「ラストサマー3」のシルバン・ホワイトが務める。

「300」は、わずか300人の兵を率いたスパルタ王レオニダスと圧倒的な数を誇るペルシャ軍との伝説の戦いを斬新な映像で描いた歴史スペクタクルで、全米で興収2億ドル(約240億円)を突破した話題作。6月9日に日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi