ブラピ主演西部劇の編集をめぐって、スタジオと監督とブラピが対立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月8日 > ブラピ主演西部劇の編集をめぐって、スタジオと監督とブラピが対立
メニュー

ブラピ主演西部劇の編集をめぐって、スタジオと監督とブラピが対立

2007年5月8日 12:00

3時間版でやる?

3時間版でやる?
[拡大画像]

ブラッド・ピットが主演する、西部劇「The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford」の編集をめぐって、トラブルが起きているようだ。

情報筋によると、脚本・監督を手がけたアンドリュー・ドミニク(「チョッパー・リード/史上最凶の殺人鬼」)によるディレクターズカット版が3時間以上に及んだため、プロデューサーを兼ねるブラッド・ピット、プロデューサーのリドリー・スコット、(本作では外部スタッフの)スピルバーグ作品の編集マンとして知られるマイケル・カーンが、さまざまなショートバージョンを製作したものの、テスト試写ではどれも不評だというのだ。

度重なる公開延期の末、9月21日に全米公開されることが決定したが、今のところどのバージョンで公開されるか決まっていない状態だという。ちなみに、「The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford」は、「チョッパー・リード」に惚れ込んだブラッド・ピットが、アンドリュー・ドミニク監督に持ち掛けた企画として知られる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi