ロン・ハワード監督が「クィーン」脚本家の戯曲を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月1日 > ロン・ハワード監督が「クィーン」脚本家の戯曲を映画化
メニュー

ロン・ハワード監督が「クィーン」脚本家の戯曲を映画化

2007年5月1日 12:00

ロンドンのウエストエンドを皮切りに、現在ブロードウェイのバーナード・B・ジェイコブス劇場で上演され、大好評を博している舞台「フロスト/ニクソン」が、ロン・ハワード監督によって映画化されることは既に伝えているが、舞台版のニクソン米元大統領役のフランク・ランジェラ(「スーパーマン・リターンズ」)と、デビッド・フロスト卿役のマイケル・シーン(「クィーン」)が、そのまま映画版に出演することで4月30日完全同意。今年8月からクランクインする予定だ。

フロスト/ニクソン」は、映画「ラストキング・オブ・スコットランド」「クィーン」で知られる脚本家ピーター・モーガンの新作戯曲を基にした舞台。映画の脚本もモーガン自身が書くが、英国のトーク番組司会者のフロスト卿が、ウォーターゲート事件後の74年に、ニクソン前大統領による公式謝罪をどのように実現させたのかという謎に迫るドラマ。歴史的な政治インタビューの中で、2人の男の決意や信念が火花を散らす。

米バラエティ紙によると、ニクソン役の候補として名前が挙がったのはウォーレン・ベイティトム・ハンクスケビン・スペイシーと大物俳優ばかりだったが、ハワード監督は名より実を取り、結局は舞台版のニクソン役のランジェラを選んだ。また、シーンは「クィーン」で英国首相トニー・ブレアを演じており、モーガン脚本への映画出演は本作が2本目になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi