オリバー・ストーン監督がアンチ・ブッシュ政権のCMを製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月24日 > オリバー・ストーン監督がアンチ・ブッシュ政権のCMを製作
メニュー

オリバー・ストーン監督がアンチ・ブッシュ政権のCMを製作

2007年4月24日 12:00

ハリウッド屈指の 社会派監督「ワールド・トレード・センター」

ハリウッド屈指の
社会派監督
[拡大画像]

ワールド・トレード・センター」のオリバー・ストーン監督が、民主党寄りの草の根運動グループMoveOn.orgのコマーシャルを製作することになった。ストーン監督は、MoveOn.orgのサイトやYouTubeを通じて集められた、イラク戦争に参加した兵士とその家族たちのインタビュー映像をまとめ、30秒のコマーシャルにするという。「ワシントンにいる指導者たちは、『アメリカ兵士を支援している』と主張している。しかし、連中の政策でもっとも苦しめられているのは、アメリカ兵士たち自身だ」と、ストーン監督は声明を発表。自らもベトナム帰還兵であるだけに、力強い作品になりそうだ。このコマーシャルは5月3日より放送される予定。

なお、ストーン監督がキューバのフィデル・カストロ議長へのインタビューを敢行したドキュメンタリー「コマンダンテ」(5月下旬日本公開)は、アメリカ政府の検閲により全米での上映は禁止されたまま。

ストーン監督のアメリカ政府への対決姿勢はますます強硬になっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi