夢を映像化する監督ミシェル・ゴンドリー「恋愛睡眠のすすめ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月24日 > 夢を映像化する監督ミシェル・ゴンドリー「恋愛睡眠のすすめ」
メニュー

夢を映像化する監督ミシェル・ゴンドリー「恋愛睡眠のすすめ」

2007年4月24日 12:00

「恋愛睡眠のすすめ」 ミシェル・ゴンドリー監督「恋愛睡眠のすすめ」

「恋愛睡眠のすすめ」
ミシェル・ゴンドリー監督
[拡大画像]

シャイで冴えない青年ステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、隣に住むステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に恋をするがあっさり振られてしまう。するとステファンは夢の中で彼女と恋愛するようになり――。「ヒューマンネイチュア」「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が手掛けるファンタジック・ラブストーリー「恋愛睡眠のすすめ」が、間もなく公開される。本作が上映されたフランス映画祭2007の際に来日したゴンドリー監督に話を聞いた。

ミュージッククリップ、CFも多く手掛けている監督は、「僕が作ったPVは全て自分の夢を映像化したもの」だという。この映画でも、主人公は幻想的な夢の世界と現実を何度も往き来する。監督自身が“夢”の存在をどう捉えているのか聞くと、「夢は、それまで培ってきた人生の思い出として、自分自身にだけ意味を成す存在。だから夢自体に特別な力があるとは思わないよ。例えば、僕は昨日アーノルド・シュワルツェネッガーの夢を見たんだけど、何でだろうとよくよく考えてみたら、昨日フランス映画祭のチラシで『不都合な真実』のアル・ゴアの写真を見てたんだ。ゴアはガタイの良い大男ですごくスーツがキツそうだった。それが今は政治家をやっているシュワルツェネッガーの姿にリンクしたんだ。ほら、夢なんて個人的で普遍的なものだろ?」

自分の夢を何でも映像化するゴンドリー監督は、本作にまつわる不思議な夢のエピソードも話してくれた。「『ヒューマンネイチュア』の撮影時、すでに本作の映画化を考えていて、ステファン役にリス・エバンスを考えていた。でも年齢的にリスでは無理だから、いつも彼に対して罪悪感を感じてたんだ。そんなとき、街を歩いているとワイヤーがお腹に引っかかり前屈みになってしまうという夢を見てね。だから僕はワイヤーがお腹が引っかかるシーンも撮影したんだ。要するに、『恋愛睡眠のすすめ』でリスをキャスティングできない罪悪感の象徴であるワイヤーのシーンを、『ヒューマンネイチュア』のワンシーンとして無意識に撮ってたんだね。もちろん関係ないから(完成版から)カットしたけど(笑)」

結局、監督がステファン役に抜擢したのは「バベル」にも出演しているメキシコの人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナルだった。青年時代の監督自身を投影した主人公を好演している。「恋愛睡眠のすすめ」は4月28日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi