パトリック・タム監督の「父子」、香港映画祭作品賞に輝く! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月17日 > パトリック・タム監督の「父子」、香港映画祭作品賞に輝く!
メニュー

パトリック・タム監督の「父子」、香港映画祭作品賞に輝く!

2007年4月17日 12:00

昨年10月、東京国際映画祭“アジアの風”部門に出品され、最優秀アジア映画賞に選ばれたパトリック・タム監督の「父子」(英題:After This Our Exile)が、4月15日に開催された第26回香港国際映画祭授賞式で作品・監督・脚本賞など最多5部門に輝いた。

「父子」は、80年代後半まで“香港ニューウェーブの旗手”といわれ、ウォン・カーウァイジョニー・トーが師と仰ぐタム監督が、「風にバラは散った」(トニー・レオン主演)以来何と、17年ぶりに監督した作品。ディレクターズカット版が160分もある、荒くれ人生を送る父(アーロン・クォック)とその息子と母(チャーリー・ヤン)の純な家族愛を描いた物語だ。

主演男優賞を受賞したのは、「My Name Is Fame」のラウ・チンワン(「暗戦 デッドエンド」)。「父子」の主演アーロン・クォックが、“中国語圏のオスカー”台湾金馬奨に続いて受賞することはなかった。また主演女優賞を受賞したのは、チャン・イーモウ監督作品「Curse of the Golden Flower」のコン・リー。彼女は惜しくも式に出席しなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi