トム・ハンクス、史上最高ギャラで「天使と悪魔」にサイン? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月13日 > トム・ハンクス、史上最高ギャラで「天使と悪魔」にサイン?
メニュー

トム・ハンクス、史上最高ギャラで「天使と悪魔」にサイン?

2007年4月13日 12:00

ちなみにお幾らで?「ダ・ヴィンチ・コード」

ちなみにお幾らで?
[拡大画像]

4月12日の米ハリウッド・リポーター紙が報じるところによると、コロムビア・ピクチャーズ製作の、「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる「天使と悪魔」(Angels and Damons)に対し、トム・ハンクスが遂に出演を了承したとの噂が流れている。

ダン・ブラウンが執筆した原作の小説「天使と悪魔」(角川書店刊)は、正確には「ダ・ヴィンチ・コード」のプリクエル(前章)にあたり、ハーバード大学の宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授の活躍を描くシリーズ第1弾として広く知られている。ローマ法王選出選挙“コンクラーベ”真っ直中のバチカンと、世界最大の加速器を有する原子核研究機関セルンを舞台に、宗教と科学の対立をスリリングに描いたサスペンス小説だ。

昨年、映画版「ダ・ヴィンチ・コード」が公開され、全世界で7億6000万ドル(約900億円)を稼ぐメガヒットを記録。それを受けて「天使と悪魔」の映画化プロジェクトが、ソニー・ピクチャーズ(コロムビアの親会社)内で極秘裏に進められ、一説にブラウンには「ダ・ヴィンチ・コード」の3倍にあたる380万ドル(約4億5000万円)もの映画化権を支払い、前作同様、アキバ・ゴールズマン(「ビューティフル・マインド」)に脚本を依頼。ハンクス演じたラングドン教授が主役だけに、彼が出演するかどうかに大きな注目が集まっていた。また、今年1月からジェーン・ジェンキンスとベビー・マクウィリアムスというハリウッドでも1、2を争うスゴ腕キャスティングディレクターにより、Aリストの俳優の中からハンクスの相手探しが行われていた。過去の出演料最高額(オプション分を含まない出演料で比較した場合)は「ターミネーター3」のアーノルド・シュワルツェネッガーの3000万ドルだが、前作の出演料として1800万ドル(約21億6000万円)プラスオプション契約分を受け取ったハンクスには、正確な金額は不明だが、前回を上回るハリウッド史上最高の出演料がオファーされたとまことしやかに噂されている。

なお映画は、前作同様にロン・ハワード監督がメガホンを取り、今年6月から小説の舞台となるローマなどで撮影が始まる予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi