07年本屋大賞は佐藤多佳子著の青春小説「一瞬の風になれ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月6日 > 07年本屋大賞は佐藤多佳子著の青春小説「一瞬の風になれ」
メニュー

07年本屋大賞は佐藤多佳子著の青春小説「一瞬の風になれ」

2007年4月6日 12:00

07年大賞受賞で満面の笑みの佐藤先生「博士の愛した数式」

07年大賞受賞で満面の笑みの佐藤先生
(C)NPO本屋大賞実行委員会
[拡大画像]

「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 2007年本屋大賞」の発表会が4月5日、東京・信濃町の明治記念館で行われ、佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」(講談社)が第4回本屋大賞に輝いた。同賞の選考者はエントリーした全国の書店員779人。対象作品は、05年12月1日~06年11月30日まで出版された小説。1次投票で全国317書店の店員415人による投票により10作品に絞られ、2次投票ではさらに3本ずつ1位3.0点、2位2.0点、3位1.5点と順位づけして採点された集計の結果、受賞作「一瞬の風になれ」が累計475.5点と、2位に約20点の僅差ながら大賞に輝いた。

「一瞬の風になれ」は、陸上の400メートルリレーに賭ける高校生が主人公にした全3部作の感動の青春スポーツ小説。本屋大賞受賞作は100万部を超える大ベストセラーになることが多く、04年大賞の小川洋子著「博士の愛した数式」、05年大賞の恩田陸著「夜のピクニック」、06年大賞のリリー・フランキー著「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」(4月14日公開)、と過去の3作品はいずれも映画化されている。

今回、本屋大賞を受賞した佐藤多佳子氏の小説には山本周五郎賞の候補になった「しゃべれども しゃベれども」(新潮文庫)がある。話し方教室を開くはめになった落語の二ツ目の噺家・今昔亭三つ葉をめぐる人間模様を描いた胸キュンの恋愛小説。TOKIOの国分太一主演、平山秀幸監督作品として映画化され、5月26日に公開される。

なお、第4回本屋大賞のトップ10結果は以下の通り。

1位 佐藤多佳子著「一瞬の風になれ」(講談社) 475.5点

2位 森見登美彦著「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店) 455点

3位 三浦しをん著「風が強く吹いている」(新潮社) 247点

4位 伊坂幸太郎著「終末のフール」(集英社) 228点

5位 有川浩著「図書館戦争」(メディアワークス) 176点

6位 万城目学著「鴨川ホルモー」(産業編集センター) 175点

7位 小川洋子著「ミーナの行進」(中央公論新社) 152.5点

8位 劇団ひとり著「陰日向に咲く」(幻冬舎) 139点

9位 三崎亜紀著「失われた町」(集英社) 127.5点

10位 宮部みゆき著「名もなき毒」(幻冬舎) 89点

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi