ドリームワークスと別れたアードマン・スタジオがソニーとタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月6日 > ドリームワークスと別れたアードマン・スタジオがソニーとタッグ
メニュー

ドリームワークスと別れたアードマン・スタジオがソニーとタッグ

2007年4月6日 12:00

「ウォレスとグルミット」などのクレイアニメーションで知られる英アードマン・スタジオが、ソニーと3年間の提携契約を結んだ。製作費1億4900万ドル(約177億円)をかけた最新作「マウス・タウン/ロディとリタの大冒険」が北米で6450万ドル(約76億円)しか回収できなかったことを理由に、アードマン・スタジオはドリームワークスとの契約を打ち切られたばかりだった。アードマンのスティーブン・ムーア社長は、ソニーを選んだ理由について、「彼らにはわれわれをコントロールしようという気持ちが少ないので、今後はアードマンらしい映画づくりに励むことができると思う」と述べ、ドリームワークスに干渉されたせいで、まともな映画づくりができなかったことを匂わせている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi