“父親”アダム・サンドラーが挑戦するファミリー向け映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月6日 > “父親”アダム・サンドラーが挑戦するファミリー向け映画
メニュー

“父親”アダム・サンドラーが挑戦するファミリー向け映画

2007年4月6日 12:00

アダム・サンドラーがウォルト・ディズニー映画と契約し、ファミリー映画「Bedtime Stories」に出演することになった。彼が演じるのは超多忙な不動産業者。姪や甥へ枕元で夢物語を語って聞かせると、夢が現実になり……というファンタジーだ。監督は「ウェディング・プランナー」「キャプテン・ウルフ」のアダム・シャンクマン。ミュージカル「ヘアスプレー」(オリジナルはジョン・ウォーターズ監督版)の監督にも抜擢されたコメディ映画のスペシャリストだ。

シャンクマン監督が米ハリウッド・リポーター紙に語っている。「彼も(1歳児の)父親になったということだよ。ディズニーらしい美しいファンタジーを作ろうとする考えが、彼の心の中に湧き上がったんだろう。(映画の中で)彼は2つの役柄を演じている。普通の男と、輝く甲冑を着たファンタジー世界の騎士だ。コメディの可能性は無限だ。アダムと子供たちはこれ以上ないほどいい関係だった。本当に楽しめるだろうよ」

どうやら「ナイト・ミュージアム」級のファンタジーは期待できそうだ。撮影は年内に始まり、翌08年クリスマスシーズンに全米公開予定。

また、サンドラーは先週3月31日、全米のアニメ専門局ニッケル・オデオンが主催する「キッズ・チョイス賞」映画男優賞部門を受賞している(映画女優部門はダコタ・ファニング、子供たちによる人気投票で決められる賞)。子供に愛されるスターの人気は根深いものがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi