SF映画ランキング、「スター・ウォーズ」がNO.1を逃す! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月3日 > SF映画ランキング、「スター・ウォーズ」がNO.1を逃す!
メニュー

SF映画ランキング、「スター・ウォーズ」がNO.1を逃す!

2007年4月3日 12:00

英SFX誌の読者3000人による“世界のベストSF映画ランキング”の投票の結果、ジョージ・ルーカス監督による77年のシリーズ第1作「スター・ウォーズ」がナンバーワンの座を逃し、05年の「セレニティー」(日本未公開)に敗れる形となった。「セレニティー」は、米TVシリーズ「Firefly」のスピンオフ作品で、“セレニティー”という名の宇宙船の個性豊かなクルーたちを描くもの。「バフィー/恋する十字架」のジョス・ウェドン監督による劇場長編デビュー作だ。

SFX誌編集者は「『セレニティー』が『スター・ウォーズ』を破るなんて驚きだよ」と語り、TVシリーズの方は打ち切りとなったが、「映画版は魅力的なキャラクターやウィットに富んだ会話、優れたスペシャル・エフェクト効果がファンの心をとらえたのだろう」と分析した。さらに「ランキングには50年代の古い作品も入ってるよ。『セレニティー』のように公開時、特に評価されず話題にも上らなかったものもある。でも、そうした作品がファンに愛され、現代の映画やTVに影響を与えているんだ」と付け加えた。トップ10は以下の通り。

1 「セレニティー」(05)/ジョス・ウェドン監督

2 「スター・ウォーズ」(77)/ジョージ・ルーカス監督

3 「ブレードランナー」(82)/リドリー・スコット監督

4 「猿の惑星」(68)/フランクリン・J・シャフナー監督

5 「マトリックス」(99)/アンディ&ラリー・ウォシャウスキー監督

6 「エイリアン」(79)/リドリー・スコット監督

7 「禁断の惑星」(56)/フレッド・マクロード・ウィルコックス監督

8 「2001年宇宙の旅」(68)/スタンリー・キューブリック監督

9 「ターミネーター」(84)/ジェームズ・キャメロン監督

10 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(85)/ロバート・ゼメキス監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi