9年ぶりの単独主演、「眉山」松嶋菜々子が母への思いを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月3日 > 9年ぶりの単独主演、「眉山」松嶋菜々子が母への思いを語る
メニュー

9年ぶりの単独主演、「眉山」松嶋菜々子が母への思いを語る

2007年4月3日 12:00

「眉山」(左から)犬童一心監督、宮本信子、 松嶋菜々子、大沢たかお、さだまさし「眉山」

「眉山」(左から)犬童一心監督、宮本信子、
松嶋菜々子、大沢たかお、さだまさし
[拡大画像]

精霊流し」「解夏」に続く、さだまさしのベストセラー小説を映画化した「眉山」が完成。4月3日、六本木ヒルズ・アリーナにて完成報告会見が開かれ、犬童一心監督、主演の松嶋菜々子大沢たかお宮本信子、原作者のさだまさしが完成の喜びを語った。

映画「眉山」は、末期がんに冒された母の看病のため徳島に帰郷した娘が、今まで知ることのなかった母の思いを知り成長していく感動的な物語。母娘の心の絆がテーマとなる本作だが、プライベートでも子を持つ母親となって初めての単独主演となった松嶋は「私は母親と友達のような関係ではなかったので、遠慮したりお互い気を使うようなこともあったのですが、いま疑問に思うことは、小さい頃のことでも『あのときって……』って素直に質問したらいいんじゃないかと、(映画の出演をきっかけに)思うようになりました」という。また、10年ぶりの映画出演となった松嶋の母役の宮本は「スタッフも監督も若くて、まるで“浦島太郎”になったような気分でした(笑)。真っ白な気持ちで新人のつもりで挑みました」と久々の現場復帰を語った。

この日は、映画の舞台となった徳島から物語のクライマックスを彩る、阿波踊りの踊り手、総勢139名が駆け付け、圧巻の踊りを披露する華やかなセレモニーとなった。その光景を目にした松嶋は「ひと言でいうと(阿波踊りは)体育会系ですよね(笑)。若い方から年配の方まで、きちんと交流して踊りを作りあげていく、世代と世代を繋ぐお祭りなんだなと感じました」と感想を述べた。「眉山」は5月12日より全国ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi