マイク・マイヤーズがピーター・セラーズの人気インド人キャラに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月30日 > マイク・マイヤーズがピーター・セラーズの人気インド人キャラに!
メニュー

マイク・マイヤーズがピーター・セラーズの人気インド人キャラに!

2007年3月30日 12:00

米ハリウッド・リポーター紙によると、「シュレック3」の公開が控えるマイク・マイヤーズが、「ハットしてキャット」以来4年ぶりに実写コメディで主演し、初監督する可能性もあることが分かった。パラマウント映画「The Love Guru」(愛の導師)で、マイヤーズが演じるのは男女の愛の営みの悩みをたちどころに解決するエキセントリックなインド人、ピトカ氏。このキャラクターには元ネタがあり、脚本を担当した「オースティン・パワーズ」シリーズにおいて、ピーター・セラーズ主演「007/カジノ・ロワイヤル」(67)へのオマージュをたっぷりと注いだマイヤーズだけに、やはりセラーズ主演の68年のコメディ「パーティ」(ブレイク・エドワーズ監督)で彼が演じていた謎のインド人、バクシ氏がベースとなっている。

マイヤーズとともに脚本を執筆しているのは新人脚本家マイク・ゴーディ。また、マイヤーズの初監督説が濃厚だが、実は3年前、ジェイ・ローチ監督(「オースティン・パワーズ」「ミート・ザ・ペアレンツ」)がMGMとドリームスワークスで「パーティ」をリメイクする企画が持ち上がった経緯もあり、ローチ監督も候補のひとりになっている。製作は、「アメリカン・ヒストリーX」「ゴーストライダー」のマイケル・デ・ルーカと、ローチ監督の右腕、マルコ・シュナーベルがあたる予定。

ピーター・セラーズといえば、「ピンク・パンサー」シリーズのクルーゾー警部が有名だが、ひとり3役をこなした「博士の異常な愛情」(64)や「パーティ」など名演・怪演が多い不世出の俳優だ。マイヤーズのセラーズへの敬愛ぶりからも、つくづく彼は偉大なコメディアンだったと気づかされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi