「いろいろあった」竹内結子が2年ぶり銀幕復帰 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月30日 > 「いろいろあった」竹内結子が2年ぶり銀幕復帰
メニュー

「いろいろあった」竹内結子が2年ぶり銀幕復帰

2007年3月30日 12:00

画像1

[拡大画像]

竹内結子が「春の雪」(05)以来、2年ぶりにスクリーンに復帰する「サイドカーに犬」が完成。3月29日、ホテルモントレ銀座にて完成報告会見が開かれた。

サイドカーに犬」は、前作「雪に願うこと」で東京国際映画祭史上初の4冠を達成した根岸吉太郎監督が、芥川賞作家・長嶋有の同名小説を映画化したもの。ある夏休み、母親が家出した10歳の少女・薫のもとに、家事をしにやってくる女性ヨーコを竹内が演じる。妊娠や結婚、出産、そして離婚騒動を乗り越えて、竹内が2年ぶりの復帰作として選んだこのヨーコ役は、タバコをふかして大口で笑い、ケンカも強いが涙もろい一面もあるという型破りな女性。竹内は「ヨーコのように、自分で自分の人生を切り開いていく女性になりたい。そうしなきゃという気持ちです」と演じた感想を語り、「年を重ねて大人になっていく上で、責任をもって目標に突き進んでいきたい。(再び女優を)やってみて、自分は演技を続けるしかないと思った。個人的にもいろいろあったけど、自分に対してあきらめてはいけないと思った」と、あらためて女優として邁進していく決意を見せた。前向きなヨーコという女性を演じたことで、自身の問題を吹っ切るのに役立ったにちがいない。

会見の最後には、4月1日に27歳の誕生日を迎える竹内に、同席した子役の松本花奈(「ハリヨの夏」)から満開の桜の花束が贈られた。「サイドカーに犬」は初夏公開。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「サイドカーに犬」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


「サイドカーに犬」 (左から)松本花奈、竹内結子、根岸吉太郎監督「サイドカーに犬」

「サイドカーに犬」 (左から)松本花奈、竹内結子、根岸吉太郎監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi