30年の旅、ここに完結!「ロッキー・ザ・ファイナル」のスタローン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月27日 > 30年の旅、ここに完結!「ロッキー・ザ・ファイナル」のスタローン
メニュー

30年の旅、ここに完結!「ロッキー・ザ・ファイナル」のスタローン

2007年3月27日 12:00

御年60歳!「ロッキー・ザ・ファイナル」 シルベスター・スタローン「ロッキー」

御年60歳!「ロッキー・ザ・ファイナル」
シルベスター・スタローン
[拡大画像]

76年の第1作以来、約30年にわたり世界を魅了してきたシルベスター・スタローンの代表作「ロッキー」。そのシリーズ完結編となる「ロッキー・ザ・ファイナル」をひっさげて、監督・脚本・主演の3役を果たしたスタローンが来日。3月26日、東京・日比谷の帝国ホテルにて来日記者会見を開いた。

90年の「ロッキー5」以来、約17年ぶりの続編となる本作。製作理由を聞かれたスタローンは「前作の出来は良くなかったし、それはすべて私の失敗だった。作品に魂を込めることができなかったんだ。それから、キャリアの浮き沈み、家庭問題などいろいろな経験をして、こういう人生に起こるさまざまなことを映画にすべきだと感じたんだよ」とし、「人生っていうのはずっと勝ち続けることはできない。負けの連続だ。だが、負けても負けても挑戦するその意志が大事なんだ」と熱っぽく語った。

また、ロッキーといえばボクシングだが、ファイトシーンの撮影について話が及ぶと「映画の中と同じさ。若さ、スピードがないから意志の力で身体を作って撮影に臨むしかなかったね。あのラスベガスのファイトシーンの撮影は、自分(=ロッキー)以外、9000人の観客、本物のボクサーなどすべてリアルだ(笑)。2ラウンドでダウンするシーンがあるが、あれも本当にパンチを受けてダウンしたんだ。お陰で身体はボロボロだよ」と撮影を振り返った。「明日には『ランボー』続編の撮影のためにタイに戻らないといけないが、この『ロッキー・ザ・ファイナル』のPRツアーは日本が最後なんだ。つまり、ここは30年に渡る『ロッキー』の旅の最終地点なんだよ。日本が最後の地で良かった」と感慨深げに語り、会見を締めくくった。

ロッキー・ザ・ファイナル」は4月20日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi