ヘップバーン、モンローを映し出した写真誌「ライフ」が廃刊へ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月27日 > ヘップバーン、モンローを映し出した写真誌「ライフ」が廃刊へ!
メニュー

ヘップバーン、モンローを映し出した写真誌「ライフ」が廃刊へ!

2007年3月27日 12:00

1936年に創刊され、全米の雑誌界をリードしてきたアメリカの写真雑誌「ライフ」が4月20日に発売される号で廃刊が決定。ついに長い歴史に幕を閉じることになった。3月26日、出版元・タイム社の発表によると、出版物としての雑誌は完全に終了するが、今後も「ライフ」の名前は残し、インターネットによる電子版は刊行していくという。

ライフ」誌は、40~60年代に“フォトジャーナリズム”の支柱的雑誌としてアメリカ人の豊かな暮らしや戦争の現実を世界中に伝え、特に、写真家ロバート・キャパが創設した写真家集団“マグナム”による写真の数々は多くの人々の心に訴えていた。雑誌の全盛期はちょうどアメリカ映画黄金期にもあたり、ハンフリー・ボガート、オードリー・ヘップバーン、マリリン・モンローフランク・シナトラ……と大スターのポートレイト写真が撮影された。「ライフ」に載ることがスターの証だった。また、53年に作家アーネスト・ヘミングウェイが「老人と海」を寄稿したように、歴史に残る小説・エッセイ・評論も多数発表された。アルフレッド・ヒッチコック監督の「裏窓」(54)のジェームズ・スチュワート演じる写真家が「ライフ」誌カメラマンだったのはあまりに有名だ。

だが、72年に休刊。78年には月刊写真誌として復活したが、00年、経営危機からタイム誌傘下となり、再び休刊状態に。04年には金曜日発売の週末ガイド的週刊誌として再びニューススタンドに復活したが、かつて100万部を超えた発行部数には遠くおよばず、いつ廃刊になってもおかしくない状態だった。折しも1週間前には、米アシェット・フィリパッキ社が米映画雑誌「プレミア」の廃刊を決めたばかり。歴史的使命を終えたのか、アメリカを代表するプリントメディアがどんどんなくなっていく。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi