ドリームワークス、今後のアニメ映画はすべて3Dにすると発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月16日 > ドリームワークス、今後のアニメ映画はすべて3Dにすると発表
メニュー

ドリームワークス、今後のアニメ映画はすべて3Dにすると発表

2007年3月16日 12:00

ドリームワークス・アニメーションのジェフリー・カッツェンバーグCEOは、09年に公開予定の「Monsters vs. Aliens」以降、ドリームワークスで製作するすべてのCGアニメを3Dとして製作すると発表した。現在、アメリカ国内には、3D映画を上映できる映画館は500スクリーンほどしかないが、ジェームズ・キャメロン監督の3D映画「Avatar」が公開される09年には数千スクリーン規模に拡大すると期待されている。観客動員数が下降している映画界では、3D映画に大きな期待がかかっており、ドリームワークスは3Dの利点を生かしたアニメ製作をしていくことになるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi