ジョージ・ミラー監督が語る「ハッピーフィート」&「マッドマックス4」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月16日 > ジョージ・ミラー監督が語る「ハッピーフィート」&「マッドマックス4」
メニュー

ジョージ・ミラー監督が語る「ハッピーフィート」&「マッドマックス4」

2007年3月16日 12:00

「ハッピーフィート」ジョージ・ミラー監督「ハッピー フィート」

「ハッピーフィート」ジョージ・ミラー監督
[拡大画像]

アカデミー長編アニメーション賞を受賞した、“心の歌”を歌い上げるペンギンたちによるミュージカル・アニメ「ハッピーフィート」のジョージ・ミラー監督が来日し、自慢のオスカー像を片手に、自作を語った。

「グループダンスは大好きで、特にタップダンスは最高だね。ご存じのように、フレッド・アステアのダンスは美の極致だと思うし、ジーン・ケリーのダンスには驚きしか感じない。特に『雨に唄えば』は最高だ。この映画では主人公のペンギン、マンブルがタップを踊る。その動きをモーションキャプチャーしているわけなんだが、アステアやケリーの動きにあるような幸福感をかもし出せたことはとてつもなくエキサイティングな体験だった。すべての動きはアステアやケリーにインスパイアされているんだ。タップは音楽を感じて、全身で喜びを表現するダンスだからね」

主役のマンブル役イライジャ・ウッドこそ歌う場面はないが、豪華声優陣の歌は圧巻だ。「ブリタニー・マーフィは魅力的なハスキーボイスだったね。クイーンのフレディ・マーキュリーの名曲をあそこまで歌い上げるとは! ヒュー・ジャックマンはブロードウェイの舞台で歌の実力は実証済みだし、ニコール・キッドマンも『ムーラン・ルージュ』で歌っている。ロビン・ウィリアムズらスペイン語で歌う連中も芸達者だから期待通りだったが、ブリタニーの歌声はこちらの予想を超えて、本当にスゴかったよ」と語るミラー監督の“心の歌”は、「カサブランカ」の「アズ・タイム・ゴーズ・バイ(時の過ぎゆくままに)」だそうだ。「ワーナー・ブラザース映画が始まってロゴが現れると流れるあの歌だ。よく子供たちの前で歌うんだけど、“パパ、へたくそなんだから歌わないで、せっかくの名曲なのに”と言われちゃうよ(笑)」

待望の「マッドマックス4」については、「すべての準備が完了しているよ。『ハッピーフィート』の前に、ロケ地を探して、アフリカのナミビアなどですでに撮影を始めていたんだ。ところが戦争が始まって製作費の20%を失った。そこにワーナーから『ハッピーフィート』の話が舞い込んで、グッバイ『マッドマックス』、ハロー『ハッピーフィート』となった。今でも次回作として『マッドマックス4』を撮る意欲は満々だ。あとはメル・ギブソンだが、万が一、彼を引っ張り出せないなら、もっと若くてタフなスターが必要かもしれない」

ハッピーフィート」は3月17日より、丸の内プラぜールほか全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi