「ステップ・アップ」主演2人が語るオーディション珍エピソード : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月13日 > 「ステップ・アップ」主演2人が語るオーディション珍エピソード
メニュー

「ステップ・アップ」主演2人が語るオーディション珍エピソード

2007年3月13日 12:00

(左から)チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン「ステップ・アップ」

(左から)チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン
[拡大画像]

昨年8月、全米興行ランキングで初登場2位を記録した青春ダンスムービー「ステップ・アップ」が、まもなく日本公開となる。本作でそれぞれ映画初主演を飾ったチャニング・テイタムとジェナ・ディーワンに話を聞いた。

将来の目標もない落ちこぼれ高校生だったタイラーが、芸術学校のバレエダンサー、ノーラに出会い、ダンスの素晴らしさを知る――。チャニングとジェナは、3週間に及ぶオーディションを勝ち抜いて主役の座を射止めており、先に役が決まったというチャニングは、「ヒロイン候補の人たちと台本の読み合わせをしてたんだけど、僕が他の女優と親密なシーンを演じてる最中に、ジェナが間違って部屋に入ってきたんだ。『あ……失礼』と言ってすぐに出て行ったけど、あの女優はきっとジェナのせいで役を取り損ねたね(笑)」と2人の初対面の珍エピソードを披露。しかし、2人は本作をきっかけにプライベートでもパートナーになったそうで、「ジェナからは本物のダンサーのオーラがにじみ出ていて、『ノーラ役は彼女だ』と直感したよ」とフォローもしっかり。

チャニングが絶賛する通り、ジェナはジャネット・ジャクソンのバックダンサーを務めた経験もある実力派ダンサーだ。「ノーラのダンスはバレエが基本だけど、5~6年のブランクがあったので思い出すのが大変だった。でも身体が覚えていたから、練習していくうちに勘を取り戻せたわ。それと同時に、自分がいかにダンスに情熱を持っていたかを思い出したの」とダンスへの熱い想いを語る。

本作のヒットにより、その名の通りステップアップを果たした2人が、最後に夢を叶えるためのメッセージを送ってくれた。「もし何か夢を持っているなら、それはすでに夢に向かって一歩前進してるんだよ。自分の好きなことならとにかく追いかけてみて」(チャニング)、「目的を達成することだけが重要なのではなく、毎日少しずつ努力することが大切。夢に近づいていくプロセス自体を楽しむことが出来れば、きっと人生が充実するはずよ」(ジェナ)

ステップ・アップ」は3月17日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi