なんとも不思議な世界が魅力。大友克洋の新作「蟲師」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月13日 > なんとも不思議な世界が魅力。大友克洋の新作「蟲師」
メニュー

なんとも不思議な世界が魅力。大友克洋の新作「蟲師」

2007年3月13日 12:00

画像1

[拡大画像]

単行本の売り上げが累計350万部を突破し、TVアニメ化もされた漆原友紀の人気コミックを、「AKIRA」「スチームボーイ」の大友克洋監督が実写映画化した「蟲師」。そのプレミア試写会と記者会見が、3月12日、東京・白金台の八芳園にて行われ、大友監督以下、主演のオダギリジョー、蒼井優大森南朋が登壇した。

蟲師」の舞台は約100年前の日本。そこには、目には見えない不思議な生命体“蟲(むし)”が存在し、人と接触することで様々な障害を引き起こしてしまう。蟲を見ることができる主人公の“蟲師”ギンコは、しかし蟲を退治するのではなく、蟲と人との共存を模索しながら旅を続けるうちに、失っていた自身の過去に向き合うことになる。そんな主人公ギンコを演じたオダギリは「感覚的になってしまうが、一言では説明できない不思議な世界観が魅力」と作品をPR。昨年のベネチア映画祭コンペティション部門を含め24の映画祭で上映が決定し、30カ国近い海外からの上映オファーもあるが、共演の蒼井も「海外の人がどのように受け止めているのか分からないけど、日本人の私が見ても不思議な感覚になり、懐かしさを覚える」とコメントし、「撮影中は全部理解していたつもりでも、完成品を見たら分からない部分があった。1度目はリラックスして受け止めて、気に入ったら何度でも見てください」と語った。

3月24日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「蟲師」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「蟲師」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「蟲師」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


「蟲師」 (左から)大森南朋、蒼井優、オダギリジョー、大友克洋監督「蟲師」

「蟲師」 (左から)大森南朋、蒼井優、オダギリジョー、大友克洋監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi