「バベル」監督が来日。菊地凛子らとともに会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月9日 > 「バベル」監督が来日。菊地凛子らとともに会見
メニュー

「バベル」監督が来日。菊地凛子らとともに会見

2007年3月9日 12:00

画像1

[拡大画像]

菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートで注目を集めている「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が来日し、3月7日、同作に出演している役所広司菊地凛子二階堂智とともにウェスティンホテル東京(東京・恵比寿)にて会見を行った。

アメリカ、モロッコ、メキシコ、日本を舞台に、人々のコミュニケーションの崩壊と再生を描く本作について監督は、「人の痛みや傷つきやすさ、もろさというものは、深いところでみな同じ。人類がつながることができるという希望を与えてくれる。この映画を作る原動力となったのは、今の世の中には失われている“Compassion(思いやり、哀れみ)”の気持ち」と語った。

また、監督は東京を主な舞台のひとつに選んだ理由について「(監督デビュー作の)『アモーレス・ペロス』が東京国際映画祭のグランプリを受賞したことは忘れられないし、そのとき初来日してぜひ東京を撮影したいと思った。次の来日時、すでに『バベル』の構想はあったが、その時に老女が障害のある少女の面倒を見ている姿や、ろう者の少年少女が一生懸命自分を表現しようとしてる光景に出会い、強い印象を受けた。その体験が日本を選んだきっかけにもなった」と語った。だが、撮影許可が下りない東京では、ほとんどがゲリラ撮影だったそう。「朝7時に高速道路にわざと渋滞を作って1分間だけ撮影したんだけど、その20分後には警察に追われていたよ(笑)」

会見の最後には、映画のテーマにちなみ「世界をつなげるために必要なこと」をひとりひとりが表現した言葉を発表。監督は先にも挙げた「Compassion」、役所は「絆」、菊地は「許し」、二階堂は「魂」をぞれぞれ挙げ、その単語を記した4つのパズルのピースを組み合わせ、1枚のパネルにして披露した。「バベル」は4月28日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「バベル」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「バベル」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


「バベル」(左から)菊地凛子、 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、 役所広司、二階堂智「バベル」

「バベル」(左から)菊地凛子、 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、 役所広司、二階堂智

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi