役所広司&黒沢清監督の7度目のコンビ作「叫(さけび)」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月6日 > 役所広司&黒沢清監督の7度目のコンビ作「叫(さけび)」
メニュー

役所広司&黒沢清監督の7度目のコンビ作「叫(さけび)」

2007年3月6日 12:00

(左から)黒沢清監督、役所広司、小西真奈美、伊原剛志「カリスマ」

(左から)黒沢清監督、役所広司、小西真奈美、伊原剛志
[拡大画像]

「CURE キュア」「カリスマ」「ドッペルゲンガー」などで知られる現在の日本映画界を代表するコンビ役所広司黒沢清監督による新作「叫(さけび)」。公開にあたり、監督&キャストの合同インタビューが行われ、黒沢清監督、役所広司小西真奈美伊原剛志が出席した。

「叫(さけび)」は、ある殺人事件を担当する刑事が、捜査を進めるうちに、犯人は自分ではないかと疑い始め、自らの記憶と向き合いながら過去の亡霊に苦悩するというミステリー。本作で実に7度目の黒沢作品となった主演の役所は「(黒沢さんの映画は)ありきたりではないんですよね。“次は何をやらせてくれるんだろう”という期待感があるんです。いつもたくさん宿題がある台本を渡されて、いろいろ思いを巡らせながら役を作り上げる楽しみと、それを現場で(監督に)テストしてもらいながら撮って、最後に出来上がったものをみて『ああ、こうだったのか』と驚き、発見するという、黒沢映画のファンとしての楽しみもありますよね」と黒沢作品に携わる喜びを語り、本作についても「ホラーといってもお化け屋敷の怖さとは違います。人間が持っている無意識な部分が引き出される嫌な怖さなんです」と黒沢ホラーの魅力を話す。

また、今回黒沢作品に初出演となった伊原と小西の2人はともに現場が楽しかった様子。「黒沢さんの撮りたい画が決まっていたように思うので、現場はとてもスピーディでしたね。黒沢さんの指示は的確で、こちらとしては監督の意図が良くのみ込めました」(伊原)、「やっぱり緊張しましたけど、現場に入ると何気ない日常会話で役所さんたちが和ませてくれました。現場に行くのが本当に楽しかったですね。映画は楽しい話じゃないんですけど(笑)」(小西)

メガホンをとった黒沢清監督は、本作はもちろん、多くの恐怖映画のモチーフとなっている“幽霊”という存在について「“幽霊”というのは全く架空の存在ではないと思うんです。居るか居ないという以前に、死んだ人ですから、かつては間違いなく存在した人間なんです。死んで無になるという意見もあるでしょうけど、“何か”になることもあるわけです。僕らが映像で表現しているようなものかどうかは分かりませんが、もし(死人が)何かになるとしたらそれは“幽霊”に近い存在なのではないかと思います。それ故に、誰の身の上でも起こりえることでは」と語ってくれた。監督・キャストの誰もが「怖かった」と語る葉月里緒奈の幽霊にも注目だ。「叫(さけび)」は絶賛公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi