石原慎太郎が脚本&製作総指揮「俺は、君のためにこそ死ににいく」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月6日 > 石原慎太郎が脚本&製作総指揮「俺は、君のためにこそ死ににいく」
メニュー

石原慎太郎が脚本&製作総指揮「俺は、君のためにこそ死ににいく」

2007年3月6日 12:00

都知事、お戯れを。 (左から)多部未華子、窪塚洋介、 岸惠子、石原慎太郎都知事、徳重聡、中越典子、新城卓監督「俺は、君のためにこそ死ににいく」

都知事、お戯れを。
(左から)多部未華子、窪塚洋介、
岸惠子、石原慎太郎都知事、徳重聡、中越典子、新城卓監督
[拡大画像]

第2次大戦末期、“特攻の母”と呼ばれ、若き特攻隊員から慕われた故・鳥濱トメさんの視点で、特攻隊員たちの真実を描く戦争群像劇「俺は、君のためにこそ死ににいく」が、このほど完成した。3月2日、都内の新高輪ホテルにて「『俺は、君のためにこそ死ににいく』を成功させる会」が開かれ、本作の製作総指揮・脚本を務めた石原慎太郎都知事、新城卓監督、主演の岸惠子徳重聡窪塚洋介が記者会見を行った。

陸軍特攻基地がある鹿児島・知覧で、軍指定の定食屋を営んでいたトメさんは、そこで多くの特攻兵の最期を見送った。そんな彼女と長年親交を深めてきた石原都知事が脚本を執筆。「この映画を“特攻隊賛歌”にするつもりはない。これは美しく悲しい青春映画であり反戦映画だ。今、世界で起きている自爆テロと特攻隊は、全く理想の違うものだと知ってほしい」と怪気炎。アカデミー作品賞候補にもなった「硫黄島からの手紙」を引き合いに出して、「ライバルになると思って見たけど、あの映画よりずっとましだね。米軍の焦燥感もなく、島のどこで戦っているのか分からなかった」とバッサリ斬り捨てた。メガホンを取った新城監督は、「この映画は石原慎太郎なしには出来なかった。企画してから約10年かかっているので、作品にかける想いは半端じゃない」と、共に作り上げた石原都知事を讃え、本作にかけた意気込みを語った。

トメさんを演じた岸は、自身が幼いときに経験した横浜大空襲のエピソードを披露し、「トメさんの想いを自分なりに深く受け止めて演じた」と真摯に語る。特攻隊員を演じた徳重と窪塚も、「実際に特攻を体験した人から教えてもらったことを、僕たち役者がずっと語り継いでいくことが使命」(徳重)、「僕らの世代は平和ボケしているが、戦争で亡くなった人たちの上にこの平和があることを忘れてはいけない」(窪塚)と戦死者たちへの敬意を表した。「俺は、君のためにこそ死ににいく」は5月12日公開。

俺は、君のためにこそ死ににいく 通常版[DVD] 俺は、君のためにこそ死ににいく 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,693 特攻の基地のあった鹿児島県知覧で軍の指定食堂を切り盛りしていた女性・鳥濱トメさんの視点から、太平洋戦争で散っていった特攻隊員の若者たちの切ない青春物語を描いた戦争ドラマ。
狂った果実[DVD] 狂った果実[DVD] 最安価格: ¥3,292 奔放でセクシーな一人の女性を巡って起こる兄弟の葛藤を描いた、石原裕次郎初主演作品。脚本:石原慎太郎

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi