山田洋次&吉永小百合が34年ぶりタッグ「母べえ」製作記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月23日 > 山田洋次&吉永小百合が34年ぶりタッグ「母べえ」製作記者会見
メニュー

山田洋次&吉永小百合が34年ぶりタッグ「母べえ」製作記者会見

2007年2月23日 12:00

画像1

[拡大画像]

今年の正月映画「武士の一分」に続く山田洋次監督の80本目となる新作「母(かあ)べえ」が、1月28日よりクランクイン。2月20日、オープンセットで撮影が行われている埼玉・川口のSKIPシティにて製作発表記者会見が開かれ、山田洋次監督、主演の吉永小百合ほか主要キャストが登壇した。

野上照代の原作「父へのレクイエム」を映画化した本作は、戦争の影が忍び寄る昭和15年の東京を舞台に、夫を治安維持法で逮捕された“母べえ”こと野上佳代が、2人の娘のために懸命に生き抜く姿を描くドラマ。「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」以来、34年ぶりに主演の吉永とタッグを組む山田監督は、「母べえ役は吉永さん以外考えられなかった」と、直々に吉永へ出演依頼の手紙をしたためていたことを告白。対する吉永は、「私が演じるには年を重ねすぎていると感じたが、監督から『あの頃のお母さんはみんなくたびれていた』と言われ、くたびれた役なら演じられると思った」とコメントし、会場の笑いを誘った。吉永は、特殊メイクを施して80代後半の晩年の姿にも挑戦するという。

山田監督の「武士の一分」でも共演した坂東三津五郎檀れいは、敵の立場だった前作と打って変わり兄妹を演じている。坂東が「投獄はされているが、『武士~』のときとは違って今回はいい人の役です(笑)」と話すと、檀も「三津五郎さんと一緒のシーンはないが、この会見の場を使って兄妹愛を育みたい」と答えた。「母べえ」は4月下旬クランクアップ予定。08年新春第2弾ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi