「24」プロデューサーが拷問シーンを減らすと発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月20日 > 「24」プロデューサーが拷問シーンを減らすと発表
メニュー

「24」プロデューサーが拷問シーンを減らすと発表

2007年2月20日 12:00

やりすぎちゃったかな?

やりすぎちゃったかな?
[拡大画像]

先日、「24」の拷問シーンが米軍の若い兵士に悪影響を与えているというニュースが伝えられたが、同番組のエグゼクティブ・プロデューサーであるハワード・ゴードンは、今後は拷問シーンを減らしていくと発表した。米軍将校によると、「24」は外国に駐留する若い兵士たちに人気が高く、主人公ジャック・バウアーの尋問方法をマネて拷問を行う若い兵士が多いとのこと。これに対しゴードンは「かつて、拷問場面は刺激的で驚きに満ちたシーンだったが、今では使い古された感がある。今後は、ジャックが容疑者から別の方法で情報を収集する方法を考える」とコメント。同時に、これは米軍将校から批判を浴びたためではなく、あくまでもストーリー上の決断だと強調している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi