「蒼き狼」、実写邦画史上最大の425スクリーンを確保 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月16日 > 「蒼き狼」、実写邦画史上最大の425スクリーンを確保
メニュー

「蒼き狼」、実写邦画史上最大の425スクリーンを確保

2007年2月16日 12:00

3月3日公開 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」「蒼き狼 地果て海尽きるまで」

3月3日公開
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」
(C)2007「蒼き狼 地果て海尽きるまで」
製作委員会
[拡大画像]

モンゴルの英雄チンギス・ハーンの半生を描き、3月3日に全国公開される「蒼き狼 地果て海尽きるまで」が、実写の邦画では史上最多となる425スクリーンで公開されることがわかった。配給元の松竹によれば、これまでの邦画では「ハウルの動く城」が約450、「ゲド戦記」が約440スクリーンで封切られたが、実写では03年7月に「踊る大捜査線 THE MOVIE2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」が408スクリーンで封切られたものが最多で、「蒼き狼」はそれを上回る。

総製作費30億円をかけ、オールモンゴルロケで撮影された「蒼き狼」は、当初350スクリーン程度で公開される予定だったが、昨年7月にエキストラ約2万7000人を集めて撮影されたチンギス・ハーンの戴冠式の撮影現場を訪れた劇場関係者が、その迫力に期待感を膨らませ、今年1月に行われたモンゴルプレミアも成功したことから、スクリーン数の拡大へとつながったという。

ちなみに、松竹配給で現在公開中の「武士の一分」は353スクリーンで興収40億円間近。角川春樹製作の前作「男たちの大和/YAMATO」は301スクリーンで興収50億円を超えた。スクリーン数の拡大が、「蒼き狼」の興行収入アップへつながるかが注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi