鬼才ポール・バーホーベン監督、7年ぶりの来日「ブラックブック」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月16日 > 鬼才ポール・バーホーベン監督、7年ぶりの来日「ブラックブック」
メニュー

鬼才ポール・バーホーベン監督、7年ぶりの来日「ブラックブック」

2007年2月16日 12:00

もらったチョコを頬張るポール・バーホーベン監督「ブラックブック」

もらったチョコを頬張るポール・バーホーベン監督
[拡大画像]

ロボコップ」「トータル・リコール」「氷の微笑」「スターシップ・トゥルーパーズ」といったハリウッド大作で知られるポール・バーホーベン監督が、新作「ブラックブック」のPRのため7年ぶりに来日。2月14日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて来日記者会見を開いた。

過激なエロスとバイオレンス、そして痛烈なブラックユーモアで80年代後半から90年代にかけてのハリウッドを牽引してきたバーホーベン監督の新作は、第2次大戦下のオランダを舞台に美しい女性歌手の復讐を描くサスペンス。約23年ぶりとなる祖国オランダでの映画製作について監督は、「私がいた頃に比べて、製作本数も増えて、産業自体も格段に良くなったと言える。製作者の視点で言わせてもらうと、スタッフの質はハリウッドのそれに匹敵する」とオランダ映画界の成長に満足の様子。だが、批評家たちについては「相変わらず“退廃的かつ表面的、そして変態だ”と批判していたよ」とチクリ。

また、この新作でハリウッド時代に失いかけたバーホーベン監督特有の残虐性を取り戻したのでは?との質問には「全くその通り(笑)。前作『インビジブル』(原題:Hollow Man)製作時は、タイトルにもあるように“虚ろ(=Hollow)”な状態で、スタジオの奴隷になっていたように思う。そこで、自分の魂を救うために何かを作らねばと思い、作ったのがこの『ブラックブック』なんだよ」と笑顔で答えていた。会見当日はバレンタイン・デーということで、特製「ブラックブック」チョコレートが監督に贈られた。3月24日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi