ベルリン映画祭短編コンペ部門、31年ぶりに日本作品が出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月30日 > ベルリン映画祭短編コンペ部門、31年ぶりに日本作品が出品
メニュー

ベルリン映画祭短編コンペ部門、31年ぶりに日本作品が出品

2007年1月30日 12:00

「謝罪」より「千と千尋の神隠し」

「謝罪」より
[拡大画像]

多数のTVCM、ミュージックビデオなどを手がける映像製作会社teevee graphicsの小島淳二とラーメンズの小林賢太郎がコンビを組んだユニット「NAMIKIBASHI」の手がける短編「謝罪」が、2月8日から開催される第57回ベルリン国際映画祭の短編コンペティション部門に出品されることになった。76年「彫る/棟方志功の世界」が金熊賞を受賞して以来、ベルリン映画祭の短編コンペティション部門に日本作品が出品されるのは31年ぶりとなる。

「謝罪」は、NAMIKIBASHI監督・脚本による、日本の伝統を外国人の目で先入観たっぷりに描いた短編集「THE JAPANESE TRADITION/日本の形」(3月2日DVD発売/発売:アスミック・エース、販売:角川エンタテインメント)の中の一編で、会釈や土下座の違いなど、文字通り日本流の謝罪の仕方を説明する内容。今年は長編コンペティション部門への日本映画の出品はなく、本作が唯一のコンペティション部門出品作品となる。5年前の「千と千尋の神隠し」に続き、日本に金熊賞をもたらすか期待がかかる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi