邦画のシェアが21年ぶりに洋画を上回る。06年国内映画動向 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月30日 > 邦画のシェアが21年ぶりに洋画を上回る。06年国内映画動向
メニュー

邦画のシェアが21年ぶりに洋画を上回る。06年国内映画動向

2007年1月30日 12:00

1月30日、日本映画製作者連盟(映連)が、06年の映画産業諸統計を発表した。それによると06年に日本国内で公開された作品は邦画417本、洋画404本の合計821本(成人指定映画を含む。なお前年は731本)。総興行収入(興収)は2025億5300万円で、過去最高を記録した04年の2109億1400万円には及ばなかったものの、05年(1981億6000万円)比で102.2%となった。

なお、興収の内訳を見ると、邦画は100億円を超える作品はないものの、総計で前年比131.8%の1077億5200万円を稼ぎ、洋画は948億200万円。21年ぶりに洋邦のシェアが逆転し、シリーズものやリメイク頼りで低迷するハリウッドの姿が浮かび上がった。

一方、観客総動員数は1億6427万7000人で、05年の1億6045万3000人から2.4%増となった。また全国のスクリーン数も05年の2926スクリーンから、3062スクリーンへと増加した。邦画、洋画それぞれの興収ベスト10は以下の通り(作品名の右は興収と配給元)。

【邦画】

1

ゲド戦記

76.5億円

東宝

2

LIMIT OF LOVE/海猿

71億円

東宝

3

THE 有頂天ホテル

60.8億円

東宝

4

日本沈没

53.4億円

東宝

5

デスノート/the Last name

52億円

ワーナー

6

男たちの大和/YAMATO

50.9億円

東映

7

「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション

/ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」

34億円

東宝

8

「映画ドラえもん/のび太の恐竜2007」

32.8億円

東宝

9

涙そうそう

31億円

東宝

10

名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

30.3億円

東宝

【洋画】

1

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

110億円

ワーナー

2

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

100.2億円

ブエナビスタ

3

ダ・ヴィンチ・コード

90.5億円

ソニー

4

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

68.6億円

ブエナビスタ

5

M:i:III

51.5億円

UIP

6

Mr.&Mrs.スミス

46.5億円

東宝東和

7

フライトプラン

31.2億円

ブエナビスタ

8

チキン・リトル

26.8億円

ブエナビスタ

9

ワールド・トレード・センター

24億円

UIP

10

キング・コング

23.5億円

UIP

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi