グウィネス・パルトロウがアメコミ映画「アイアンマン」に参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月19日 > グウィネス・パルトロウがアメコミ映画「アイアンマン」に参加
メニュー

グウィネス・パルトロウがアメコミ映画「アイアンマン」に参加

2007年1月19日 12:00

珍しくアメコミ映画に出演「アイアンマン」

珍しくアメコミ映画に出演
[拡大画像]

マーベルの人気コミックの映画化「アイアンマン」に、グウィネス・パルトロウが出演することが明らかになった。グウィネスが演じるのは、強化アーマーを開発するトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)のアシスタント、バージニア・ポッツ役。スタークの友人ジム・ローズ役には、テレンス・ハワード(「クラッシュ」)が決定しており、アメコミ映画に似合わず演技派揃いの渋いキャスティングとなった。マーベル・スタジオのケビン・ファージ社長は、「広い観客層にアピールするポップコーン映画でありながら、深みのあるキャラクター造形のおかげで、素晴らしいキャストを集めることができた」とコメントしている。監督はジョン・ファブローが務める。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi