アカデミー賞外国語映画賞、「フラガール」は惜しくも落選 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月19日 > アカデミー賞外国語映画賞、「フラガール」は惜しくも落選
メニュー

アカデミー賞外国語映画賞、「フラガール」は惜しくも落選

2007年1月19日 12:00

残念!「パンズ・ラビリンス」

残念!
[拡大画像]

1月16日、映画芸術科学アカデミー協会より第79回アカデミー賞外国語賞部門の最終選考に進んだ9作品が発表された。数百人からなる選考委員の投票によって選出されたもので、すでに数々の映画賞を受賞しているメキシコの「パンズ・ラビリンス」を筆頭に、スペインが誇る巨匠ペドロ・アルモドバル監督最新作「ボルベール/帰郷」、ポール・バーホーベン監督が祖国オランダで製作した「ブラックブック」、ベルナー・ヘルツォーク監督が“ドイツ映画史上最も素晴らしい作品”と絶賛した「善き人のためのソナタ」など前評判の高かった作品が並んだ。ヨーロッパ作品が7本を占める中、日本の「フラガール」は惜しくも落選した。

19日から3日間に渡り最終選考に残った9作品の上映会が行われ、ランダムに集められた30人の審査員がノミネート5作品を選出する。ノミネートは現地時間23日早朝、映画芸術科学アカデミー会長のシド・ギャニスと女優のサルマ・ハエックによって発表される。最終選考に進んだ9作品は以下の通り。

第79回アカデミー賞外国語賞部門

最終選考作品

「Days of Glory」(アルジェリア)

Water」(カナダ)

「After the Wedding」(デンマーク)

「Avenue Montaigne」(フランス)

善き人のためのソナタ」(ドイツ)

パンズ・ラビリンス」(メキシコ)

ブラックブック」(オランダ)

ボルベール/帰郷」(スペイン)

「Vitus」(スイス)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi