韓流純愛映画「夏物語」主演女優スエの初恋はイ・ビョンホン? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月19日 > 韓流純愛映画「夏物語」主演女優スエの初恋はイ・ビョンホン?
メニュー

韓流純愛映画「夏物語」主演女優スエの初恋はイ・ビョンホン?

2007年1月19日 12:00

「夏物語」(左から)スエ、イ・ビョンホン、チョ・グンシク監督「夏物語」

「夏物語」(左から)スエ、イ・ビョンホン、チョ・グンシク監督
[拡大画像]

韓国発の純愛映画「夏物語」のPRで、韓流スターのイ・ビョンホンが来日を果たした。1月17日、東京・渋谷のセルリアンタワー東京にて記者会見が行われ、主演のイ・ビョンホン、ヒロインを演じたスエ、監督を務めたチョ・グンシクが登壇した。

作品は、1人の女性だけを想い続ける大学教授の純愛を描くもので、ビョンホンは大学生と60歳を過ぎた老教授の2役を演じている。どちらも実年齢とはかけ離れていることについて、「確かにどちらを演じるのもプレッシャーを感じた。大学生を演じるときは自分が過ごしていたときのことを思い出しながら演じた。60代はあくまでも想像しながらの演技だったが、喜怒哀楽の表現に余裕を見せるようにした」と役作りについて語った。

純愛がテーマの作品ということで、初恋の思い出を聞かれたスエは、「私の初恋は片思いでした。実はその相手がイ・ビョンホンさんに似ていたので、撮影前にご本人に話したんです。そのせいなのか、非常にすんなりと役に感情移入することが出来ました」と答えた。それを横で聞いていたビョンホンは「君は日本で僕たちの噂を振りまく気?」と笑い、自身の初恋ついて問われると「初恋は自分の心の中に大切にしまっておきたい」とうまくかわした。

最後に監督から、「この映画の魅力は主人公2人の美しさと悲しさにあります。2人の内面から映し出されるものが、きっと皆さんの琴線に触れて感動を呼ぶことでしょう」とメッセージが送られた。「夏物語」は1月27日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi