本当は作りたくなかった!?「ディパーテッド」スコセッシ&レオ来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月19日 > 本当は作りたくなかった!?「ディパーテッド」スコセッシ&レオ来日
メニュー

本当は作りたくなかった!?「ディパーテッド」スコセッシ&レオ来日

2007年1月19日 12:00

画像1

[拡大画像]

ゴールデングローブ賞でも監督賞を受賞し、本年度アカデミー賞でも主要部門での受賞が有力視されるマーティン・スコセッシ監督の「ディパーテッド」。同作の公開を20日に控え、主演のレオナルド・ディカプリオとスコセッシ監督が02年秋の「ギャング・オブ・ニューヨーク」以来約4年ぶりに来日。1月18日に東京・六本木のグランドハイアット東京で来日記者会見を開いた。

3度目のコンビとなる2人が今回製作したのは、02年の香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク。かつてはスコセッシ監督といえば「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」といった作品で組んだロバート・デ・ニーロが名コンビとして有名だったが、今やスコセッシといえばレオという印象の方が強い。お互いの魅力を聞かれると「とにかく彼と彼の作品、そして彼の仕事に対する情熱をとても尊敬している。今回3度目だが、スコセッシ監督との共同作業は僕の俳優人生の中でハイライトになると思う」(ディカプリオ)、「レオと一緒に撮っているときは、“自分がなぜ映画が好きなのか”を感じさせてくれるような気がするんだ。彼との撮影には驚きがたくさんある」(スコセッシ)と互いを絶賛。

コンビを組んだ「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」の2作がともにノミネーション止まりとなっているアカデミー賞について話が及ぶと、「この映画はアメリカでは公開後からとても好評を得ていて、受賞に値する作品だと思う。特に、横にいる素晴らしい監督がいまだにオスカーを受賞していないなんて冗談みたいだけど、受賞するかどうかは見守るしかないし、結果を受け入れることしかできないんだ」と話したレオに対し、スコセッシ監督は「本当はこの映画を作りたくなかったんだ」と驚きの発言を披露。「でも作らなくてはいけない理由があって作ったんだが、撮影中、そして撮った後の今でも私は怒りを感じているんだ。この映画の評価に関しては正直驚いているんだが、とても勉強になった。私は普段プロット(筋、ストーリー)に重きを置いた映画を作らないが、今回の映画のようなサスペンススリラーの傑作を作ってきたドン・シーゲルバッド・ベティカーアンソニー・マンといった50年代のアメリカB級映画の監督たちに対して、改めて尊敬の念が深まったよ」と世界でも有数の映画マニアらしいコメントで会見を締めくくった。1月20日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「ディパーテッド」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「ディパーテッド」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


爆弾発言も飛び出した「ディパーテッド」来日会見 (左から)レオナルド・ディカプリオ、 マーティン・スコセッシ監督「ディパーテッド」

爆弾発言も飛び出した「ディパーテッド」来日会見 (左から)レオナルド・ディカプリオ、 マーティン・スコセッシ監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi