安倍首相の母来場「子宮の記憶/ここにあなたがいる」試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月26日 > 安倍首相の母来場「子宮の記憶/ここにあなたがいる」試写会
メニュー

安倍首相の母来場「子宮の記憶/ここにあなたがいる」試写会

2006年12月26日 12:00

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」試写会に来場した (左から)安倍洋子さん、若松節朗監督、柄本佑、加藤睦子さん「子宮の記憶 ここにあなたがいる」

「子宮の記憶/ここにあなたがいる」試写会に来場した
(左から)安倍洋子さん、若松節朗監督、柄本佑、加藤睦子さん
[拡大画像]

直木賞作家・藤田宜永の原作を、「ホワイトアウト」の若松節朗監督が映画化した「子宮の記憶/ここにあなたがいる」。12月25日、東京・新橋のスペースFS汐留にてクリスマス特別試写会が行われ、若松監督と主演の柄本佑が舞台挨拶を行った。会場には、中野清議員夫人、松浪健四郎議員夫人ほか政治家の夫人が多数招かれた。

映画は、17年前に起こった新生児誘拐事件の被害者の少年が、自分を誘拐した女性に素性を隠して会いに行き、やがて2人の間に親子とも恋人ともいえない愛情が芽生える様を描く。裕福な家庭に育ちながらも、世間体ばかり気にする親といつも衝突している主人公は、現代社会を象徴するようなキャラクター。若松監督は「親子間の事件が頻発している今こそ、この映画を作らないといけないと感じた。現代の諸問題が詰まった映画なので世代を問わず見てほしいが、特に母親に見てほしい作品」とコメント。

舞台挨拶終了後、安倍晋三首相の母・洋子さんと、元農林水産大臣加藤六月の妻・睦子夫人が花束贈呈に駆けつけた。洋子さんは「問題を抱える今の時代に、色々と考えさせられる作品だと思う」と本作にエールを送った。

子宮の記憶/ここにあなたがいる」は07年1月13日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi