プロの脚本家が選ぶWGA賞TV部門のノミネートが発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月19日 > プロの脚本家が選ぶWGA賞TV部門のノミネートが発表
メニュー

プロの脚本家が選ぶWGA賞TV部門のノミネートが発表

2006年12月19日 12:00

米脚本家協会(Writers Guild of America)が主催するWGA賞TV部門のノミネートが発表となった。協会に所属するプロの脚本家たちが選ぶWGA賞で、最優秀ドラマシリーズ部門でノミネートされたのは、「LOST」「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」「24」「グレイズ・アナトミー/恋の解剖学」「Deadwood」の5本。最優秀コメディシリーズ部門では、「Entourage」「ラリーのミッドライフ★クライシス」「30 Rock」「オフィス」「アレステッド・ディベロップメント」がノミネートされた。また、新番組のみが対象となる最優秀新シリーズ部門では 「30 Rock」「Friday Night Lights」「Heroes」「Studio 60 on the Sunset Strip」「アグリー・ベティ」が選ばれた。授賞式は2月11日に行われる。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi