エド&山田のWエラゴンが魔法の呪文披露「エラゴン/遺志を継ぐ者」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月15日 > エド&山田のWエラゴンが魔法の呪文披露「エラゴン/遺志を継ぐ者」
メニュー

エド&山田のWエラゴンが魔法の呪文披露「エラゴン/遺志を継ぐ者」

2006年12月15日 12:00

画像1

[拡大画像]

世界40カ国で翻訳されるベストセラーとなった、クリストファー・パオリーニのファンタジー小説を映画化した「エラゴン/遺志を継ぐ者」。日本公開を2日後に控えた12月14日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズでジャパン・プレミアが行われた。

屋外で行われたオープニングイベントは、あいにく冷たい雨の中でのスタートとなったが、司会の「ブリジンガー!」の掛け声で、大きな古書のセットから主人公エラゴン役のエド・スペリーアスとエルフの女戦士アーリア役のシエンナ・ギロリーが姿を現し、観客から大きな歓声が上がった。続いて吹替版の声優を担当した山田孝之小雪も登場して、日英の“ライダー”と“エルフ”が出揃った。ちなみに、「ブリジンガー」とは劇中にも登場する“炎”の意味を持つ呪文で、本家エラゴンのエドが実際に唱えてみせると、吹替版エラゴンの山田も負けじと披露して観客を沸かせていた。

その後、劇場内で行われた舞台挨拶では、シエンナが「こんばんは。私たちの映画を楽しんでください」とファンに向けて日本語で挨拶。映画の魅力を聞かれた小雪は、「圧倒的な映像美とスケール感は、世代を問わず楽しんでもらえるはず」と作品をアピールした。また、シエンナの役を小雪が演じた感想を聞かれたエドは、「2人ともすごく美しくて、今にも妖精になってしまいそうだね」と女性を立てる紳士的なコメントで女性客を魅了した。

最後に、4人はクリスマスツリーに巨大タマゴを飾りつけ、映画の大ヒットを祈願した。「エラゴン/遺志を継ぐ者」は、12月16日よりロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「エラゴン 遺志を継ぐ者」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


「エラゴン/遺志を継ぐ者」(左から)小雪、シエンナ・ギロリー、 エド・スペリーアス、山田孝之「エラゴン 遺志を継ぐ者」

「エラゴン/遺志を継ぐ者」(左から)小雪、シエンナ・ギロリー、 エド・スペリーアス、山田孝之

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi