「西遊記」「HERO」など、07年度東宝ラインナップ21作品が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月15日 > 「西遊記」「HERO」など、07年度東宝ラインナップ21作品が決定
メニュー

「西遊記」「HERO」など、07年度東宝ラインナップ21作品が決定

2006年12月15日 12:00

12月13日、東宝本社(東京・有楽町)にて07年度のラインナップ発表会が行われ、千田諭専務取締役ならびに島谷能成常務取締役が、過去最高の興行収入559.5億円(11月現在)を記録した06年度の総括と、07年度のラインナップ21作品の紹介を行った。

07年のラインナップで目に付くのは、SMAPの香取慎吾が主演し話題を呼んだ「西遊記」と、同じくSMAPの木村拓哉が主演し高視聴率を記録した「HERO」。この両TVドラマの映画化作品が興行の目玉となるようだ。また、手塚治虫のコミックを映画化する「どろろ」、黒澤明の傑作をリメイクする「椿三十郎」、05年に興収35億円の大ヒットを記録した人情ドラマの続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」などの大作が控えている。

なお、興味深いのはこれら作品とTV局との関係。フジテレビが7本、日本テレビ5本、TBS3本、テレビ朝日3本、テレビ東京2本の割合で各局が出資しており、映画のヒットとTV局の密接な関係性が浮き彫りになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi