サラ・ミシェル・ゲラーがハリウッド映画に不満 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月15日 > サラ・ミシェル・ゲラーがハリウッド映画に不満
メニュー

サラ・ミシェル・ゲラーがハリウッド映画に不満

2006年12月15日 12:00

これからはアジアよ「呪怨」

これからはアジアよ
[拡大画像]

ドラマ「バフィー/恋する十字架」のサラ・ミシェル・ゲラーが、ハリウッド映画には女性が主演として注目される作品が少ないと不満を漏らした。サラ曰く、ハリウッドの多くの脚本家は、女性がメインの作品を書きたがらないとのこと。それに対して、「私はアジア映画が大好きなの。強い女性が描かれているからよ。まだ特定のジャンルにしかそういった女性の役はないけれど、勇敢な女性が主役の作品を見るのは興奮するわ」と語った。サラは、日本のホラー映画「呪怨」のリメイクである「THE JUON/呪怨」とその続編に主演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi