賞レース開幕。「硫黄島からの手紙」がまず一冠! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月8日 > 賞レース開幕。「硫黄島からの手紙」がまず一冠!
メニュー

賞レース開幕。「硫黄島からの手紙」がまず一冠!

2006年12月8日 12:00

オスカーへ向けて一歩前進「硫黄島からの手紙」

オスカーへ向けて一歩前進
(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc
and DreamWorks L.L.C.
[拡大画像]

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の最優秀作品賞に選ばれた。来年2月のアカデミー賞受賞式まで続く賞レースの皮切りとなる同賞で作品賞を受賞したことで、「硫黄島からの手紙」がいきなり優位に立つことになった。監督賞は「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ、主演男優賞はフォレスト・ウィテカー(「ラスト・キング・オブ・スコットランド」)、主演女優賞はヘレン・ミレン(「クィーン」)、助演男優賞はジャイモン・フンスー(「ブラッド・ダイヤモンド」)、助演女優賞はキャサリン・オハラ(「For Your Consideration」)。また、新人賞に菊池凛子(「バベル」)が選ばれた。ナショナル・ボード・オブ・レビューとはもともとは映画の検閲機関で、現在は弁護士や学者、医師などニューヨーク在住の映画ファン集団である。今回、選出された10本の作品は以下の通り。

最優秀作品賞

硫黄島からの手紙

優秀作品賞

硫黄島からの手紙

バベル

ブラッド・ダイヤモンド

ディパーテッド

プラダを着た悪魔

父親たちの星条旗

「The History Boys」

リトル・ミス・サンシャイン

「Notes on a Scandal」

「The Painted Veil」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi