長編ならでは苦労とは?人形アニメ「こまねこ」監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月5日 > 長編ならでは苦労とは?人形アニメ「こまねこ」監督に聞く
メニュー

長編ならでは苦労とは?人形アニメ「こまねこ」監督に聞く

2006年12月5日 12:00

「こま撮りえいが こまねこ」合田経郎監督「こま撮りえいが こまねこ」

「こま撮りえいが こまねこ」合田経郎監督
[拡大画像]

“人形アニメーションを作るネコ”を描いた短編人形アニメーション「こまねこ はじめのいっぽ」。04年2月から1年以上にわたり東京・渋谷のシネマライズで上映され、主人公のネコ・こまちゃんの愛らしい姿が反響を呼んだ「こまねこ」が、長編映画「こま撮りえいが こまねこ」として、改めて銀幕に登場する。そんな「こまねこ」の生みの親であり、NHKのキャラクター「どーもくん」の作者としても知られる合田経郎監督に話を聞いた。

つぶらな瞳と柔らかな表情が人気の「こまねこ」だが、長編なだけに、観る側も自然と仕草や表情により注目するはず。今回が長編初挑戦となる監督は、「嬉しい、悲しいといったわかりやすい感情以外に、『言いたいけど言えない』というような微妙な感情表現が、どこまで可能かにチャレンジしました」と、長編ならではの挑戦について語る。しかし、最も苦戦したのは、実は「自分と向き合うこと」だったとか。「単純に物語をどう構成するかということと同時に、映画となると『あなたは何をやりたいのか?』と問われているようでした。尺の長さよりも、映画ならではの『自分を表現してみなさい』という部分に悩み、物語を作り出すまで時間がかかりました」。果たして、その結果はどのようなかたちとなって表れているのか? ぜひスクリーンで確認されたし。

ところで、この人形アニメーション作りに精を出すネコのこまちゃん。実は女の子という設定。まさに監督の分身ともいえるキャラクターだが、なぜ女の子に? 「ものを作るというのは、自分を表現するということ。ここ数年、カメラを持って歩く女の子が増えているような気もしますし、周りを見渡してみると、女の子のほうが自分を表現するということに積極的なんです。なにかを作って自分を表現するというのは、自分にとって女の子のほうがリアリティがあったんですよ」

こま撮りえいが こまねこ」は、12月9日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi