「硫黄島からの手紙」はアカデミー賞の資格なし? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月1日 > 「硫黄島からの手紙」はアカデミー賞の資格なし?
メニュー

「硫黄島からの手紙」はアカデミー賞の資格なし?

2006年12月1日 12:00

12月9日日本公開「硫黄島からの手紙」「硫黄島からの手紙」

12月9日日本公開「硫黄島からの手紙」
(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc.
and DreamWorks L.L.C.
[拡大画像]

メル・ギブソン監督の「アポカリプト」とクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」は、それぞれ劇中で使用される言語がマヤ語と日本語であるにもかかわらず、アカデミー賞の「外国語映画部門」にノミネート資格がないことが明らかになった。その理由は、どちらもアメリカ映画だからとのこと。だが、ゴールデングローブ賞では「外国語映画賞」へのノミネート資格が認められている。ただし、アカデミー賞の「作品賞部門」にはノミネート資格があり、逆にゴールデングローブ賞の「作品賞部門」には資格がないなど、何とも複雑な事態になっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi