オフビートな味わいの異色ホラー「鋼/はがね」。監督&主演俳優が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月1日 > オフビートな味わいの異色ホラー「鋼/はがね」。監督&主演俳優が語る
メニュー

オフビートな味わいの異色ホラー「鋼/はがね」。監督&主演俳優が語る

2006年12月1日 12:00

「鋼/はがね」(左から)鈴木卓爾監督、柄本佑「コワイ女」

「鋼/はがね」(左から)鈴木卓爾監督、柄本佑
[拡大画像]

雨宮慶太鈴木卓爾豊島圭介の3監督が、究極の“コワイ女”と出会ってしまった人々の姿を描くオムニバスホラー映画「コワイ女」。その中でもひときわ異彩を放つのが、頭から腰までズタ袋をかぶり、その下は美脚に赤いハイヒールという正体不明の女“はがね”に翻弄される男を、滑稽かつ恐ろしく描いた「鋼/はがね」だ。本作でホラー映画初主演となった柄本佑(たすく)と鈴木卓爾監督に話を聞いた。

「今回3つ話がある中で、この作品は“イヤな感じ”や“寒々しさ”を心がけて作りました。それでも、滑稽な話という側面もあるので、コミカルにならざるを得ないということは分かっていましたが、そこに寄っかかりすぎてはいけないと思いました。基本的には怪奇ロマンホラーです」と語る鈴木監督だが、怪奇ホラーであると同時に、人間のみっともなさ、身勝手さを描いた一面もあるという。「元々の脚本を書いた山本直輝君の、人間の業に対するまなざし、“人間ってこんなものだろ”という視線があり、きらきらして見える都会と隣接した、ゴミが散らかっていたりする田舎を舞台にしているのですが、そこでの三者三様の剥き出しの人間関係としてもとらえられると思います」

そんなホラーともコメディとも限定できない本作のオフビートな雰囲気を支えているのは、念願のホラー映画初出演という柄本だ。「彼でなかったら、もっと暗くなっていただろうし、よりアクションの多い作品になっていたかもしれない」と話す監督はホラー作品でありながら、柄本にコメディの資質を見い出したという。「ギャグが面白いとかそういう類ではなく、台詞回しや、走る後ろ姿に味があるんです。本当に天性のものだと思いますね。この作品の滑稽な部分は佑君の才能に依るところが大きいです」

柄本は「シナリオに“ズタ袋をかぶった女がいる”とだけ書いてあって、それだけだと良く意味が分からないなあと思いながらも、変わった面白い話なので出演させていただきました。凄い過酷な撮影でした(笑)」と振り返った。オムニバスホラー映画「コワイ女」はシネマート六本木にて公開中。12月2日の16:30の回終了後には、柄本佑鈴木卓爾監督、「はがね」を演じた菜葉菜のトークショーが予定されている。詳しくは劇場まで(シネマート六本木/03-5413-7712)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi