アカデミー賞ノミネート候補「パプリカ」初日舞台に綾波レイ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月28日 > アカデミー賞ノミネート候補「パプリカ」初日舞台に綾波レイ?
メニュー

アカデミー賞ノミネート候補「パプリカ」初日舞台に綾波レイ?

2006年11月28日 12:00

「パプリカ」(左から)今敏監督、筒井康隆、林原めぐみ、古谷徹「パプリカ」

「パプリカ」(左から)今敏監督、筒井康隆、林原めぐみ、古谷徹
[拡大画像]

今年のベネチア国際映画祭で海外のメディアから絶賛され、来年のアカデミー賞長編アニメーション部門のノミネート候補作にもなっているアニメ「パプリカ」が11月25日に封切られ、監督の今敏(こん・さとし)をはじめ、原作の筒井康隆、声優の林原めぐみ古谷徹らによる初日舞台挨拶が行われた。

ベネチア映画祭から3カ月後の日本上陸にファンも痺れを切らしていた様子で、初日は毎回立ち見が出る大盛況。これに感激した監督が急遽来場者プレゼントを用意し、「なるべく立ち見してくれたお客さんに優先的に配ってください」と笑顔を浮かべた。原作者の筒井康隆は映画の感想を聞かれると、「原作を超えている部分がたくさんあります。映像、音楽どれをとっても素晴らしい」と絶賛した上で、「新聞の書評に、“難を言えば物語が少し複雑すぎる”と書かれていましたが、原作はもっと複雑です。皆さんぜひ原作をお買い求めになってお確かめください」と自らの著作を宣伝して場内の笑いを誘った。

劇場には多くのアニメファンも駆けつけていたようで、林原が「私は10年前に“感情のない少女”(「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ)を演じたことがありますが……」と過去の出演作について触れると、場内から大きな歓声。また、古谷が「親父にもぶたれたことないのに」と「機動戦士ガンダム」の有名な台詞を披露すると、場内のボルテージは最高潮に達した。

最後に、今監督が「1度見ただけでは分からないようにしてやろうと思いながら作りました。お友達に“複雑でけったいな映画を見たよ”と宣伝していただいて、皆さんも2度3度と劇場に足を運んでください」と締めくくった。「パプリカ」は11月25日より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi