「ボーラット」S・B・コーエンが英俳優の高額ギャラ1位に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年11月24日 > 「ボーラット」S・B・コーエンが英俳優の高額ギャラ1位に!
メニュー

「ボーラット」S・B・コーエンが英俳優の高額ギャラ1位に!

2006年11月24日 12:00

07年日本公開予定「ボーラット」「ブルーノ」

07年日本公開予定「ボーラット」
(C)2006 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

主演作「ボーラット」が全米で大旋風を巻き起こしているコメディアン、サシャ・バロン・コーエンが、イギリス人俳優でナンバーワンの高給取りになった。これは、ユアン・マクレガーキーラ・ナイトレイが年間2000万ドル(約23億円)を稼ぎ出しているのに対し、コーエンは新作「ブルーノ」で3000万ドル(約35億円)近くを手にすることになるため。コーエンが扮する“ブルーノ”は、ラッパーの“アリ・G”、カザフスタン人のTVレポーター“ボーラット”に続く3人目のオリジナルキャラクターで、オーストラリア出身のゲイのファッション評論家という設定。「ブルーノ」の世界配給権をめぐっては、ハリウッドで熾烈な争奪戦が行われ、ユニバーサルが4250万ドル(約50億円)で競り勝っている。なお、同作のクランクインは来年夏の予定で、「ボーラット」同様、ジェイ・ローチ(「オースティン・パワーズ」シリーズ、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズ)がコーエンと共同でプロデュースすることになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi